小坂”巌立峡”(がんですて今)

岐阜県内における紅葉のメッカとして、小坂”巌立峡”(がんですて本日)をご紹介します。

巌立は、御嶽山の大噴火にてできた高さ約72m、幅員約120mの柱状節理の大岩障壁で、岐阜県内確定の天然記念物だ。
巌立は、今から4000時代前に、御岳火山から流出した溶岩で、最高潮周辺から17Kmもくだった所にあります。
溶岩が冷えて収れんする際にできた、われ目が垂直コースにはしり、太さ頻度十センチの、岩柱をならべたようにみえます。

「がんですて公園」は、巌立視界机、コンビニ、モータープールなどが整備され大きめ銭湯も入ることができます。
公園の中にある三ッ滝までは伸展600mの滝見遊歩道が整備され、途中には円空上人ゆかりの不動明王が祀られている。
こういう滝見遊歩道が整備されてからは、皆が三ッ滝を見極める結果訪れています。
三ッ滝は上段6m、中段11m、下段5mのセ3段の滝で、岩は石英斑岩で、それぞれに滝壷を持っていて非常に奇跡だ。
さらに林道を2kmほど深層に入ると、あかがねというよといった唐谷滝、二つの滝を見ることができます。
あかがねというよは落差14mで、いつ見ても水がきれいだ。
唐谷滝は落差15mで、音声という水しぶきといった溶岩で男的滝ですが、虹がかかると実にセ滝だ。
滝には損害イオンがたくさん発生してあり、人間の持つ普通完治力を引き出してくれ、カラダを健康に維持していただける働きがあると言われています。

コチラ巌立峡では、春の新緑、秋の紅葉という互い異なる趣のあるウォーキングを楽しむことができます。キレイモ町田中央通のキャンペーンでオトクに美容全身脱毛