JRデザインが遊べる「支えの湯」

日本の懐かしい俗習です「風呂」ですが、クライアントが少なくなり、昔のような活気を落とし、衰退しているのも事実です。それを打ち破るために、現代の利用にマッチするように、「デザイナーズ風呂」としておしゃれな模型に改装したり、さまざまな醍醐味設備が充実した「アルティメット風呂」ができたりしています。

も、中には、古くからの佇まいを残す銭湯でも、クライアントを呼ぶためのさまざまな工夫をして、人気を集め続けている風呂もあります。江戸川区における「助っ人の湯」もその1つで、こういう風呂には誠に、最適地下鉄のジオラマがあるのです。

助っ人の湯のご主人が風呂を始めた当時は、住居にお風呂がない自宅が多く、風呂にはクライアントがたくさん入り込みました。ただし、現在ではほとんどの自宅にお風呂があるので、風呂を必要とする個人が減ってしまいました。そんな中、楽しいアルティメット風呂やおしゃれなデザイナーズ風呂などは、この時代もアレンジを通じて訪問に成功しています。そのため、ご主人は市民浴場も興味をもってもらうために考え、世の中を問わず有名が見える“地下鉄テンプレート”を設置するに至ったのです。

助っ人の湯の長所は、ラウンジに開業された広さ畳9畳分という巨大な地下鉄テンプレートのジオラマだ。こういうジオラマは3人の職人にて3ヶ月もかかって作り上げたのだそうです。それにかかった費用も驚きの合計だ。

助っ人の湯は地下鉄テンプレートで有名ですが、お風呂にもずいぶんこだわっています。軟水器具にて浴室に供給してあり、軟水のぬるぬる空気で表皮に水分を加え、弾性やキメにも効果的です。また、軟水は石鹸で洗わなくても、綺麗になるとも言われています。ほかにも、電気風呂やミクロバイブラ、滝の湯、蒸気サウナなど、執念のさまざまなお風呂を楽しむことができます。

また、助っ人の湯のご主人は、クライアントが多く集まるこういう現状では会心をせず、これからもクライアントが楽しんでもらえるようにアレンジを続けていくそうです。ミュゼ横浜の無料カウンセリングで始めやすい安心脱毛体験